Subscribe to RSS Feed ログイン

脱毛サロン物語

Friday
2017年10月20日

過保護の親

自分には社会人に23歳の弟がいる。今、その弟が就職活動を行っており、
23歳という年齢であるのに、母親が手伝うという姿勢を取っている。
就職活動においても資金的に苦しい子供の為、その点のサポートは必要とされているが、
具体的な行動まで決めてくると何のための就職活動か分からなくなる時がある。
最近母親を見てて思うのが、弟に対し自分で行動しないと批判しながら、
逐一指示してくるのが目立っている。自分の意志で行動しないのが問題だと言っているのに、
その指示に対し、なぜそれを行動しないといけないのか説明していない。
これは弟というより、弟が就活でうまくいかない不安を子供にぶつけているという印象で捕えた。
就職活動の結果は子供自身がとるべきモノだと思う。今後も何かあるたびに、母は口を出して、
弟の責任感はちゃんと育つのかどうか心配になるばかりだ。

過保護の親 はコメントを受け付けていません。続きを読む